YouTube

1: 風吹けば名無し 2019/03/27(水) 13:02:30.03 ID:FhNLeY5Ad
no title


高木豊氏(元大洋他)や中村紀洋氏(元近鉄他)など、YouTuberへの転身を果たす人物も増えてきている元プロ野球選手。
そんな時代の流れに、この度とある人物が新たに加わることになった。

26日、自身のツイッターに「『YouTuber』としてデビュー致しました!!」と綴ったのは、1999年?2014年までロッテで活躍した里崎智也氏。
「これから沢山動画を配信していきますので応援宜しくお願いします!是非見てください!」と、今後の意気込みを表明した。

同ツイートに添付されたリンクを確認すると、「【祝】里崎智也、YouTuberになります!!」というタイトルが付けられた1本目の動画が登場。
自己紹介や抱負を交えつつ、視聴者にチャンネル登録を呼びかけている。


これまでも様々なメディアで活躍してきた中、新たな一歩を踏み出した里崎氏。今回の一件を受けたネット上には、「普通に技術面話すだけで伸びそう」、
「辛口コメントを期待したい」、「テレビで言えないような話をするなら面白いかも」といったコメントが寄せられている。

確認時点で、1本目の動画は再生回数「7066回」、「Satozaki Channel」と題されたチャンネルの登録者数は「2936人」となっている里崎氏。
動画内で語った「YouTuberになって1億円プレイヤーになる」という目標には、当然ながらここから様々な工夫を凝らしていく必要がある。

ただ、里崎氏は現役時代ロッテで日本一を2回(2005年・2010年)、代表に選出されたWBC(2006年)で世界一を1度経験している。
元々トーク力には定評があるだけに、これらの経験は十分強みとなり得るだろう。

また、自身の人脈を活用し、動画に豪華なゲストを招くこともできる。
ちなみに、“先輩”である高木氏は昨年6月15日の動画で、江川卓氏(元巨人他)をゲストに迎えたところ、これがチャンネル内で一番再生された動画(約25万回)となっている。

プロ野球より一足早く、“開幕”を迎えた里崎氏。こちらも激しい競争が待っているYouTuberの世界に、どのような戦略で立ち向かっていくのだろうか。

2: 風吹けば名無し 2019/03/27(水) 13:02:41.03 ID:FhNLeY5Ad
http://dailynewsonline.jp/article/1748275/
2019.03.27 11:40 リアルライブ

https://www.youtube.com/watch?v=wTFP0Z-1F0E


千葉ロッテマリーンズ 里崎智也選手 応援歌

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/26(水) 14:49:49.95 ID:TG/O63FK0
ロッテが、マリーンズ公式チャンネルにアップしたドラフト1位大阪桐蔭・藤原恭大外野手の動画(12月17日にアップ)の再生回数が26日、54万回を超えた。
この映像は藤原が母校大阪桐蔭高校野球部グラウンドで打撃練習をしている映像を広報が撮影したもの。

今年1年間で広報が撮影し、Youtubeにアップした動画は141本あり、
これまではドラフト会議の舞台裏を映した映像(10月25日にアップ)が18万再生回数でトップだったが、これを塗り替えた。

動画編集担当者は「改めて藤原人気のすごさを痛感しました。大体、アップした動画の再生回数の平均は1万回程度。
それが1週間で50万再生回数を超えていたのでビックリしました。マリーンズファンのみならず、幅広く見られているという実感があります。
彼にとってプロ1年目となる19年もしっかりと映像を撮影し、ファンの皆様にご提供しなくてはいけないなあと思いました」とコメントした。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812260000448.html

2: 風吹けば名無し 2018/12/26(水) 14:50:39.39 ID:gTpcarnT0

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング