WBC

i_about_1
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 09:14:06.57 ID:2MK94vln0
非情采配も辞さず! 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表が22日、宮崎市に集合した。
小久保裕紀監督(45)はミーティングで「勝つための決断を下す」と宣言。
侍たちは“駒”となり、2大会ぶりの世界一を目指す。米大リーグ、アストロズのキャンプに参加中の青木宣親外野手(35)を除く27選手は、23日に宮崎県総合運動公園で強化合宿を開始。
強化試合などを経て、3月7日に1次リーグ初戦(対キューバ)を迎える。

午後7時40分に始まったミーティングで、小久保監督が呼びかけた。
「ここにいるメンバーは日本を代表するメンバー。これからの約1カ月間、チームとして、13番目のチームとして世界一を取るという思いで、ともに戦いましょう!!」

米フロリダ州でアストロズのキャンプに参加中の青木を除く侍戦士27人と首脳陣、スタッフが宮崎市に集結。いよいよ2大会ぶりの世界一を目指す戦いが始まる。

“小久保監督、非情采配を宣言「皆が納得することはあり得ない。勝利することで皆を救う。」”の記事の続きをアタリマエのように読む

i_about_1
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/17(金)18:29:11 ID:Ryu
坂本、柳田ら→33歳
山田ら→29歳
大谷、鈴木誠ら→27歳
おまけに清宮、野村、根尾らが入ってくる

2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/17(金)18:29:48 ID:51i
小久保(49)

“むしろ四年後のWBC強すぎ問題”の記事の続きをアタリマエのように読む

njknlkk
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 05:40:28.84 ID:K6J8HHB30
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-01780525-nksports-base
 侍ジャパンが世界一奪還を目指すワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕投手は、ロッテ石川歩投手(28)が濃厚になったことが17日、分かった。

 3月7日の第1ラウンド初戦、キューバ戦(東京ドーム)は、当初日本ハム大谷翔平投手(22)が先発予定だったが、右足首痛で出場を辞退。小久保裕紀監督(45)を中心にローテーションを再編し、昨季14勝(5敗)を挙げた安定感抜群の右腕に、白羽の矢を立てたとみられる。

“侍ジャパン、開幕投手はロッテ石川が濃厚に”の記事の続きをアタリマエのように読む

rwTG
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/16(木)22:27:03 ID:Fc6
肩はええみたいやし小林大野と比べてどこが劣ってるんや?

2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/16(木)22:28:34 ID:E0k
知名度

“真面目な話、何故ロッテ田村はWBC選ばれなかったの?”の記事の続きをアタリマエのように読む

i_about_1
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/14(火)12:36:12 ID:j6n
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170214-00010001-baseballc-base
第4回大会に関しては、全面協力とは言わないまでも、水面下でMLB球団への協力を要請した可能性はある。
明確な証拠が明らかになっているわけではないが、WBCを本当の意味でも世界一の大会にしたいとMLB側が望んだのだとすれば、今大会は相当ハイレベルな戦いになる。

そうした状況は、「世界一奪還」を掲げる侍JAPANにとっては手放しで喜べるわけではない。世界各国が「強豪国化」してきたことで、かなり厳しい戦いを強いられることになるはずだ。
ご存知のように日本はメジャー組が野手の青木宣親(アストロズ)を除いて欠場が決まった。日本の大黒柱として期待された大谷翔平も故障で辞退。
ファンの方々に怒られるかもしれないが、決勝ラウンドが開催されるロサンゼルスのスタジアムに侍JAPANが進めば、よくやった。今回は「合格」と言えるのではないか。
それくらい厳しい大会になるはずだ。

“小宮山悟「侍ジャパンは決勝ラウンドに進めたら合格」”の記事の続きをアタリマエのように読む

szghyzyr
1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/12(日)21:40:37 ID:3qJ
教えてクレメンス

2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/12(日)21:42:49 ID:uLz
否定というよりつまらないと感じるのはメジャー組が少ないから

“WBC否定派ってWBCの何を否定してるんや?”の記事の続きをアタリマエのように読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング