FA

d2da7816
1: 風吹けば名無し 2013/10/22 19:28:24 ID:DnHH2HOu
ロッテは今オフの目玉補強として、西武・涌井秀章投手(27)が国内フリーエージェント(FA)権を行使した場合、獲得に全力で動く。
Aクラスは確保したものの、チーム防御率はリーグワーストで先発投手不足に悩まされた。ローテーションの軸になる投手の補強は急務。
すでに調査を進めており、球団幹部は「千葉出身というのも大きな魅力」と話す。また、コーチ人事は配置転換を行う可能性はあるが、小幅な入れ替えになりそうだ。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/22/kiji/K20131022006856460.html

2: 風吹けば名無し 2013/10/22 19:29:16 ID:XTqGIu6u
お、いつもの球団関係者じゃなくて球団幹部じゃねーか
これは本気かも

続きを読む

999039_465247860237283_889934335_n
1: 風吹けば名無し 2013/10/22 12:26:52 ID:wnt7xw7e

3: 風吹けば名無し 2013/10/22 12:27:23 ID:yBZOmnNs
阪神は2年6億提示するかもな

4: 風吹けば名無し 2013/10/22 12:27:44 ID:AFGoB4PK
妥当やな
問題は他球団がどれだけ出すかや

続きを読む

image
1: 風吹けば名無し 2013/10/21 23:50:46 ID:QdGilYyr
ロッテの今江は今季資格取得条件を満たした海外フリーエージェント(FA)権の行使について「ロッテというチームに育ててもらった。ロッテにいるのが一番いい」と話した。
ただ昨年12月の契約更改の際には権利行使に興味を示しており「終わったばかりなので、もうちょっとゆっくり考えたい」とも述べた。
球団は慰留に努める方針。林運営本部長は直接残留を要請する予定で「シーズンが終わったので骨休みしないと。しばらく(時間を)置いてから」と話した。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/21/kiji/K20131021006855620.html

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2013/10/07 11:06:40 ID:ImPpwBpI
 西武は日本ハムに4―3で勝ち、破竹の7連勝で2位・ロッテに0・5ゲーム差と肉迫した。 この試合の9回には涌井がマウンドに上がり、10連投の疲れを感じさせない見事な投球で1イニングを無安打無失点に抑え、7セーブ目を挙げた。
 先発失格のらく印を押され、守護神で復活した涌井。このオフには国内FA権を行使して他球団への移籍が有力視されており、早くも身内の西武関係者は移籍後、先発での“再生倍返し”を予想している。
第1希望と見られるロッテ移籍が実現すれば「確実にトレーニングの質は向上する」というのがその根拠だ。

「大迫さん(現ロッテフィジカルコーチ)がいた頃は投手個々のメニューは全部、大迫さんが作っていた。それが、いなくなった去年から選手に任せきり。
よく言えば選手の自主性を重んじるということなのでしょうが、プロでも本当に厳しく自分で自分を追い込める選手なんてそういないですよ」(西武関係者)

 大谷コーチといえば、人当たりが良く選手個々と深い信頼関係を築く一方で、トレーニングに関しては一切の妥協を許さぬ厳しさも持ち合わせていることでも知られる。
涌井がこの2年間、本来の先発に固定されることなく中継ぎ、抑えとポジションを転々としている要因が大迫コーチの流出にあると推察する西武関係者は少なくない。
涌井がロッテ移籍で大迫コーチと再タッグを組んでトレーニング内容の見直しから始めれば、完全復活は間違いないという見立てだ。
「純粋に『先発投手・涌井』が再生できるとしたら場所はそこ(ロッテ)しかないでしょ」とは前出関係者。あとは本人の決断次第か。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/191659/
e62674c9bb0e5e7a9bea3ef58e2db419

続きを読む

img_370502_2789340_0
1: 風吹けば名無し 2013/10/04 16:05:19 ID:b/f+OCx7
 今オフ、国内FA権を行使しての他球団への移籍が有力視されている西武・涌井秀章投手(27)に関して、早くも身内の西武関係者が“再生倍返し”を予想している。
涌井の第1希望と見られるロッテ移籍が実現すれば「確実にトレーニングの質は向上する」というのが根拠だ。

「大迫さん(現ロッテフィジカルコーチ)がいたころは投手個々のメニューは全部、大迫さんが作っていた。
それが、いなくなった去年から選手に任せきり。よく言えば選手の自主性を重んじるということなのでしょうが、プロでも本当に厳しく自分で自分を追い込める選手なんてそういないですよ」(西武関係者)

 大迫コーチといえば、人当たりが良く選手個々と深い信頼関係を築く一方で、トレーニングに関しては一切の妥協を許さぬ厳しさも持ち合わせることでも知られる。
涌井がこの2年間、本来の先発に固定されることなく中継ぎ、抑えとポジションを転々としている要因が大迫コーチの流出にあると推察する西武関係者は少なくない。
涌井がロッテ移籍で大迫コーチと再タッグを組んでトレーニング内容の見直しから始めれば、完全復活は間違いないという見立てだ。

「純粋に『先発投手・涌井』が再生できるとしたら場所はそこ(ロッテ)しかないでしょ」とは前出関係者。あとは本人の決断次第か。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/190083/

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング