誤審

baseball-1464527_960_720
1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)23:53:12 ID:9SP
審判「今のは確かに誤審やった。しゃーない、変えたるわ」

相手監督「一度判定したくせに変えるな!」

どうすればええんや

2: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)23:53:50 ID:X4i
まぁ確かに、誤審に抗議する監督より、判定変えた時の方が目の色変えて怒るよな

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)12:24:41 ID:aQ3
──広島の緒方孝市監督が退場になった一件をはじめ、今季も〝誤審〟がクローズアップされる機会が多いように思います。
一部には「メジャーのようなチャレンジ制を導入すべき」といった声も上がっていますが、里崎さんはそのあたり、どうお考えを?

導入するなら、それでもいいとは思いますけど、やるんだったら、MLBみたいにとことんまでやらないと意味がない。
今みたいに場合によっては追えてないことすらある中継カメラの映像をもとに検証をするだけじゃ、どのみち文句は絶対に出ると思います。

──MLBでは、全球団の本拠地球場に12台の専用カメラを設置し、それらの映像をニューヨークのオペレーションセンターで一括管理しています。
数十億円とも言われるそれだけの巨額投資に見合う効果が果たしてあるのか、というところでもありますよね。

同じことをやろうにも、日本の場合は、年に数回しか試合をしない地方球場はどうするのか、とか超えなきゃいけない問題も山ほどある。
MLB式のシステムを仮に作ったところで、自分が応援するチームが不利益を被ったときに文句を言うのは、結局同じだと思いますしね(笑)。

──近頃よく聞かれる「誤審が増えた」という論調に対してはどうですか?

これは、今回の単行本(「捕手異論 一流と二流をわける、プロの野球『眼』」)でも詳しく書きましたけど、結局は映像の技術とSNSが発達したおかげで、観ている側の目に、より触れやすくなっただけのことだと思うんです。
なにしろ、その気になればスマホで全試合が観られる今は、誰もが“リプレー検証”できる時代。
一人ひとりの『今のはセーフやろ!』が、瞬時に『そうや! そうや!』と拡散するから『増えた』と感じるだけなんです。

──言わば、“錯覚”であって、審判の技術が下がっているわけではないと。

もちろん、審判は審判でそういうことが起きないように、ビデオを見返して立ち位置を工夫してみるとか、自分なりの反省点をもって次の試合に臨んでいくべきだとは思います。
でも、人間がやることにミスはつきもの。キャッチャーとして一番近い場所で接してきた立場からしても、技術そのものはむしろ向上しているというのが、正直なところでもありますしね。

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/22(木)12:24:49 ID:aQ3

続きを読む

maxresdefault
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 12:28:47.70 ID:7n756BP00.net
それでチャレンジシステムも導入して誤審で判定が覆ったりしたら気持ちいいと思う

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 12:30:11.47 ID:kJ4T36rT0.net
なおチャレンジには回数制限があり終盤の大事な場面ではすでに使えない模様

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)21:35:09 ID:KtY
人間やし誤審はあるけど、誤審で助かることあるのはお互い様やしえーやろ

2: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)21:36:21 ID:3S9
てか、今でもルール上は認められているものではないしな
異議申し立てってことになってるけど

3: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)21:36:21 ID:Eb0
抗議見るのも楽しいけど

続きを読む

image

1 :風吹けば名無し 2013/06/09(日) 08:37:42.80 ID:nzw159Bb!


21日ぶりに連敗を喫したロッテ伊東勤監督(50)は、怒りの矛先を審判へ向けた。1-2で迎えた6回1死満塁で、阪神藤井彰が二ゴロを放った場面。
二-遊-一の併殺かと思われたが、微妙なタイミングで一塁の判定がセーフとなって2点差となった。試合後、同監督は「完全にダブルプレー。明らかな誤審にはペナルティーを科さないといけない」と怒りを爆発させた。

仮に併殺が完成して無失点なら“逆転のロッテ”といわれる終盤勝負へ持ち込めた。能見とのエース対決では1点の重みが違う。
伊東監督は「アウト、セーフの判定はいくら言っても覆らないから」と、直後にはベンチから出なかったが、試合後は「1つのジャッジで締まった試合がしらける」と流れを左右した判定に納得がいかなかった。

選手も不満だった。二ゴロを処理した根元は「余裕でアウト。(打者走者の)藤井さんもアウトと言ってた」と証言。選手は抗議を意味するジェスチャーで訴えたが、覆るはずもない。
苦手の阪神戦はこれで6連敗(3分け含む)。今日9日に藤浪との対戦を前に、伊東監督は「明日はルーキーになめられないように」と切り替えを強調した。後味の悪い敗戦を引きずるわけにはいかない。【柴田猛夫】

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130609-1139981.html


続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング