評価

1: 風吹けば名無し 2019/01/18(金) 16:28:58.09 ID:8YmmS3NR0
 ロッテのドラフト2位・東妻勇輔投手(22)=日体大=が18日、2日続けてブルペン入りし、捕手を立たせて41球。時より「おりゃー!」と声を出しながらテンポ良く投げ込んだ。将来の守護神奪取を狙う即戦力右腕は「声が出ちゃいましたね」と笑顔を見せた。

 視察した井口監督は「かなり仕上がりが早いと思った。キレもある。気合の入った感じで声を出していた。やってやるぞ、という姿勢が出てましたね」と絶賛。昨年12月に新人入団会見の際に右腕から「打者が嫌な球は?」と質問を受け、指揮官は「内角に食い込む球が嫌だ」と打者目線で助言。「攻めていく投球が彼の持ち味。えぐっていく球は大きな武器になる」と意図を説明した。

 2月1日の石垣島キャンプ初日に行われる紅白戦の登板については「この1月の出来を見てから。初日に頑張り過ぎても困る。様子を見てから。投手コーチも見に来ると思うので報告が入ると思いますし、それを踏まえて」と慎重な姿勢を示した。

2: 風吹けば名無し 2019/01/18(金) 16:29:28.20 ID:8YmmS3NR0

続きを読む

collagesfbaab
1: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 19:15:01.45 ID:U8gqpH4K0
抜粋

西武 打撃は凄いけど投手終わってる 今井に期待
福岡 怪我してこれ 優勝候補筆頭
ハム 面白い
オリ 山本由伸にかけるしかない
千葉 若手育成しないとお話にならない
楽天 ソフトバンクの対抗馬 藤平は二桁勝てる

2: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 19:15:18.91 ID:U8gqpH4K0

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 15:12:55.25 ID:aBjc0lJx0
パ・リーグで2019年に注目したいチームを述べてみたい。

まずその筆頭は、千葉ロッテマリーンズだ。

チーム本塁打数、盗塁数が毎年のように少ないのを見れば、チャンスメイクが十分でなく、ポイントゲッター不在の状況もよくわかる。
しかし、過去5年のドラフトを見れば弱点解消に懸命に取り組んでいる様子が十二分にうかがえるのである。

'14年が1位中村奨吾(早稲田大・二塁手)、'15年が1位平沢大河(仙台育英高・遊撃手)、'17年が1位安田尚憲(履正社高・三塁手)、
2位藤岡裕大(遊撃手・トヨタ自動車)、'18年が1位藤原恭大(大阪桐蔭高・外野手)という指名。

ロッテがこれほど熱心に野手を上位で指名したのは'01~'02年(今江年晶、西岡剛などを指名)以来のことで、
過去の指名の結果は'05、'10年の日本一にしっかり現れている。

これらの上位指名野手が全員成功するとは考えにくいが、彼らはすでに素質の片鱗をのぞかせている。

7: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 15:14:37.60 ID:aBjc0lJx0
パ・リーグの今季注目球団ランキング。
ロッテ打撃陣、日本ハムの甲子園組……。

https://number.bunshun.jp/articles/-/833106

続きを読む

collagesfbaab
1: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:16:16.58 ID:AlBELDT20
【西武】

10点取られても11点取り返す雰囲気を持つ「山賊打線」の破壊力は満点だった。
いっぽうディフェンス面ではリーグ最多失点、最低防御率、最多失策…。不名誉な3部門制覇での優勝は、プロ野球史上初の珍記録となった。

最低防御率での優勝は「いてまえ打線」を誇った01年近鉄以来17年ぶりだった。
近鉄は翌02年も最低防御率だったが、連覇はならず。「打線は水もの」と俗に言われるが、それを物語る結果となった。

CSファイナルステージでソフトバンク相手に5試合計44失点では、さすがの打線もカバーできない。

惜しくも日本一シリーズ進出はならなかったが、シーズン中の打線はすばらしかった。18年度はチーム打点761(前年比+101)盗塁数132個(同+3)
打率2割7分3厘(同+9厘)でリーグ1位、本塁打数は196本(同+43=リーグ2位、1位はソフトバンク202本)と打力、機動力ともに文句なしだった。

19年も連覇の期待がかかるが、FAで浅村が楽天に、炭谷が巨人に移籍。14勝4敗の菊池雄星もメジャー移籍を狙っており、
主力3枚が欠けるとなれば戦力ダウンは誰がみても必至。浅村の抜けた二塁手は外崎が埋めるのか、新戦力が出てくるのか。外国人補強で乗り切るのか。

山川が今季MVPだったが、浅村が選ばれても不思議ではなかった。貯金10を稼いでくれた雄星とともに投打の主力2人の不在は首脳陣にとっても頭が痛いだろう。打線もさることながら投手陣の整備がまずは急務となる。

<期待の選手>

雄星の穴を埋めるのは誰か。今井が5勝5敗、防御率4.81。数字的にはまだまだ物足りないが20歳と若いだけにエースへ成長できるかに期待したい。
夏の甲子園V腕は、ただ者ではないことを証明してほしい。エースへのステップとなる年。防御率の改善、先発としてゲームをつくることがまずは大事だ。

7: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:17:28.90 ID:AlBELDT20

続きを読む

スクリーンショット 2018-12-26 9.34.10
1: 風吹けば名無し 2018/12/24(月) 10:40:15.22 ID:oophhFIJ0EVE
入団から7年もすれば評価も確定するはず


ロッテ 残留率2/4 評価○

1位 藤岡貴裕 投手 2018途中ハム(トレード)
通算 164試合 21勝32敗16H 481.2回 防御率4.09
評価△

2位 中後悠平 投手 2015戦力外 → 渡米(AAA) → 2018途中DeNA
通算 45試合 2勝2敗7H 32.2回 防御率5.23
評価×

3位 鈴木大地 内野手
通算 921試合 .271(3122-847) 39本 316打点 27盗塁 OPS.727
評価◎

4位 益田直也 投手
通算 342試合 17勝19敗58S111H 335.2回 防御率3.11
評価◎

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング