職業

job_roudousya_young (1)
1: 風吹けば名無し 2019/09/04(水) 22:54:05.46 ID:HCGy+fNq0
お笑い芸人

2: 風吹けば名無し 2019/09/04(水) 22:54:21.87 ID:/2dFYtkL0
医者

3: 風吹けば名無し 2019/09/04(水) 22:54:28.19 ID:7GJAp2X/0
総理大臣

続きを読む

syukatsu_man
1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/02(土)20:55:56 ID:Mvz
棋士
救急外来担当の医者
音楽関係者
芸術関係者
とかかっこええなと思うんやけど

3: 名無しさん@おーぷん 2019/03/02(土)20:57:22 ID:Q0h
介護関係

4: 名無しさん@おーぷん 2019/03/02(土)20:57:44 ID:Hre
プロ野球選手
150㎞/hのストレートを木製バットでスタンドに運ぶなんてほんまに意味わからん

続きを読む

01
1: 風吹けば名無し 2018/12/13(木) 22:02:46.11 ID:IAcOaNcb0
日本野球機構(NPB)は13日、今秋に現役若手選手を対象に行った「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を発表。「引退後にやってみたい仕事」は初めて「一般企業で会社員」が1位になった。

 アンケートは10月8-29日に開催された教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参加した12球団の265人が対象。
252人が回答し、平均年齢は23・5歳、平均在籍年数は3・6年だった。

 「引退後にやってみたい仕事」は昨年7位の「一般企業で会社員」(15・1%)が最も多く、「大学・社会人の指導者」(12・3%)、
「社会人・クラブチームで現役続行」(11・5%)、「高校野球の指導者」(11・1%)、「海外球団で現役続行」(8・7%)と続いた。
「プロ野球の指導者」は6位(8・3%)で、初めて5位以内に入らなかった。2013年から昨年まで5年間は、「高校野球の指導者」が1位だった。

 「引退後の生活に不安をもっているか」は156人(61・9%)が「不安がある」と回答。年齢が上がるにつれて、
不安要素は「進路」よりも「収入」の割合が高くなった。NPBの担当者は「指導者として声がかかっても、
いつまでやれるかという不安から選ばない選手が多く、より現実的になったのではないか」と分析した。

3: 風吹けば名無し 2018/12/13(木) 22:03:25.31 ID:IAcOaNcb0

続きを読む

jjpoj;
1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/03(金)12:39:20 ID:Cd1
貶されることはあれど褒められることは殆どない模様

2: 名無しさん@おーぷん 2017/11/03(金)12:39:45 ID:tqT
それを分かって選んでるんやから別にええやん

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/03(金)12:40:33 ID:VUg
見逃し三振の時のポーズをウキウキで考えてると思うと可愛い

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング