成瀬善久

20130708-00000021-spnannex-000-0-thumb
1: 風吹けば名無し 2013/07/08(月) 07:08:32.82 ID:1Jhkle0v
これでロッテは今季初の5連敗で、7月はいまだに勝ち星がない。
快進撃を続けてきただけに、この急激な失速は去年の悪夢を思い起こさせる嫌な連敗になった。
この日、試合前に伊東監督は言った。
「若手がかなり疲れている。とくに投手が元気がない。だがそれは分かっていたこと。開幕前から考えていた計画が狂った。このままではまずい…」
実は伊東監督は開幕前、夏に差し掛かる7月にある「計画」を立てていたという。それは「ベテラン移行計画」だった。
今年のロッテは、オープン戦から投打ともに若い選手層の状態が非常に良かった。そのため伊東監督は若い力でスタートダッシュに成功することが出来ると確信を持っていた。
そのためあえて若手を積極的に起用して、ベテラン勢は状態が良くないなら2軍での調整を命じ、怪我が完治しないなら絶対に呼ばない措置を取った。
そして、若手に疲労が見え勢いがなくなってくる夏場あたりに経験豊富のベテラン勢を上げる作戦を考えていたのだ。

2: 風吹けば名無し 2013/07/08(月) 07:09:07.48 ID:1Jhkle0v
しかし計画が大きく狂った。
「里崎の離脱が痛い。アイツがいれば思い切った作戦も出来るのに。成瀬には夏場に100%持っていけるように体力面で調整しろと言ってきたが、ダメだったな。全然。」

捕手では3年目の若手・江村が躍進を続けてきたが、彼が144試合乗り切れる技術も経験も備えていないことは分かっている。そのため、里崎と話し合い、夏までに治すことが条件で怪我の療養に努めさせた。
しかし里崎は完治には至らず、再び治療のため1軍を後にした。
投手陣にとって精神的支柱であった成瀬の離脱は想像以上に大きかった。これまでエースとして若手投手陣に良い流れを作ってきた勝ち頭が消えたことで、「負けられない」という焦りが投手陣に出てきているという。
西野は「今までは成瀬さんがいたから、自分も安心して堂々と投げられた。だけど今は、成瀬さんがいないから絶対に勝たなきゃいけない、絶対に打たれちゃいけないんだという強い緊張感が出てきた。」という。
しかしその緊張感が動きを固くしてしまい、以前のようなスイスイ投げる投球が感じられなくなったと伊東監督は言う。
唐川や藤岡、大嶺らも笑顔が消え、口数も減ったという。
前半戦の首位から5位に落ちた昨年の二の舞をさけるためにはベテランの復調が必須となる。

続きを読む

image

1 :風吹けば名無し 2013/06/28(金) 20:53:21.46 ID:kmL6FWYE


はい


2 :風吹けば名無し 2013/06/28(金) 20:54:13.09 ID:kRArvlQl


そらそうよ


3 :風吹けば名無し 2013/06/28(金) 20:54:37.38 ID:AXmICKgF


ないない
西野なら確信するけど成瀬じゃねーよ


続きを読む

image

1 :風吹けば名無し 2013/06/12(水) 09:19:33.41 ID:YkEI1i1U


ではなかった!!!

2010 203.2回 29本 被本塁打王
2011 189.2回 15本 被本塁打王
2012 200.2回 21本 被本塁打王
2013 66.2回 9本 暫定被本塁打王



2 :風吹けば名無し 2013/06/12(水) 09:19:56.00 ID:aIBh8qpg


当たり前やん!

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング