鴎速@ロッテなんJ社畜ch

ロッテ関連のなんJ/おんJ(2ch/5ch)のまとめや、ブラック企業や社畜、転職などの熱く共有できるスレをまとめています!

平沢大河

1: 風吹けば名無し 2020/02/06(木) 20:48:47.02 ID:okucE4HT0
no title

2: 風吹けば名無し 2020/02/06(木) 20:49:07.21 ID:okucE4HT0
どーしたんや

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2020/01/24(金) 10:59:29.12 ID:1kXcaFtP0
◆ ロッテ浦和球場で自主トレする理由

 「シーズンのことだけですね。シーズンで結果を残すために、何をするか考えてやっています」。

 プロ5年目を迎えるロッテの平沢大河は、今季に向けてロッテ浦和球場で汗を流している。

 平沢はプロ入り後、シーズンオフはロッテ浦和球場でトレーニングすることが多い。今年も室内練習場で朝早くからマシンを相手にひたすら打ち込む姿を何度も目にしている。

2: 風吹けば名無し 2020/01/24(金) 11:00:01.38 ID:1kXcaFtP0
 毎年、ロッテ浦和球場で自主トレをする理由について平沢は「自分のやることができますし、自分でいろいろと考えてやれているので、そこは良いのかなと思います」と説明する。

 同じく1年目のオフから毎年ロッテ浦和球場で練習している三木亮も2019年1月の取材で、「暖かいところにいこうが、ここの環境が一番練習できると思っている。室内に行けばマシンもありますし、土のグラウンドでノックを受けられる。さらに、ランニングも問題なくこなせる。(温暖なところに)行く必要性を特に感じない」と話していた。

 合同で自主トレとなると、他の選手に合わせて練習しなければならないため、待ち時間も発生する。平沢は「自分一人でやった方が効率よくできますし、そこは良いと思ってやっていますね。また、良い悪いはないですけど、僕の中でやりたいことができているので、そこは良いのかなと思います」と話した。

 このオフも、昨年から取り組んでいる体の内側を意識して打つことを継続して打撃練習を行っている。

4: 風吹けば名無し 2020/01/24(金) 11:00:22.46 ID:1kXcaFtP0

続きを読む

jhkkb
1: 風吹けば名無し 2020/01/22(水) 08:27:38.06 ID:GRER0BfP0
もうアカンのかな

2: 風吹けば名無し 2020/01/22(水) 08:28:02.09 ID:gdxsg5+na
そもそもこの世代全員アカンやろ

50: 風吹けば名無し 2020/01/22(水) 08:35:15.53 ID:84WNZNYla
>>2
今年入ったこの世代の大学生組がどうなるかやな

続きを読む

40
1: 風吹けば名無し 2020/01/08(水) 14:39:14.32 ID:SNXemJ6N0
13 平沢大河
51試合 .198 1本 8打点 OPS.577
まずは2015年のドラフト1位選手平沢大河。はやいもので今年で5年目。
去年は51試合出場と112試合に出場した一昨年から出場機会が減少。そろそろ覚醒を期待したい選手。

2: 風吹けば名無し 2020/01/08(水) 14:39:33.71 ID:SNXemJ6N0
【遊撃手編】
4 藤岡裕大
81試合 .264  2本 21打点 OPS.658
現状一番大きい壁。故障の影響もあり去年と比べ出場試合数を落としたが打率、出塁率などは上昇した。藤岡の応援歌好き。

23 三木亮 (去年まで背番号37)
89試合 .214  2本 15打点 OPS.556
レアードの握った寿司を食べる係の人。内野のユーティリティープレイヤー。
藤岡よりも試合出ていたのか(驚愕)

68 西巻賢二 (元楽天)
1軍では2試合の出場に終わったものの、ファームでは最多の106試合に出場。74安打を記録した。仙台育英の後輩のチーム加入で平沢の意識も大きく変わると思う。
西巻くん頑張ってほしいなあ。

ロッテに他にショート候補っておるっけ?

続きを読む

40
1: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 20:55:58.37 ID:xGcRiIqA0
100試合 .270 10本 50打点

2: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 20:56:18.11 ID:9YtasgE4a
トリプル2はいってほしい

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 17:56:12.48 ID:hiEUNpoXp
ロッテ平沢大河内野手(21)が19日、契約更改に臨み、320万円減の2300万円でサインした。
「昨年より成績は落ちているので、そこはしっかり評価してもらった。でもいいところはいいところで評価してもらえた感じですね」と話した。
昨季は112試合に出場し、2割1分3厘だったのに対し、今季は51試合に出場し、打率1割9分8厘にとどまった。
正遊撃手藤岡の離脱などもあったが、定位置をつかみきれなかった。「チャンスはもらいましたし、そこで生かし切れなかったのは僕自身の実力の無さ」と反省しつつ「自主トレなど、12月、1月で差をつけて頑張っていきたい」と意気込んだ。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911190000483.html

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング