安田尚憲

1: 風吹けば名無し 2018/03/23(金) 16:37:40.86 ID:9mBL3XWC0

2: 風吹けば名無し 2018/03/23(金) 16:38:10.41 ID:9mBL3XWC0
二軍漬けで10本くらいイケるやろ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/03/17(土) 02:22:47.16 ID:5lzK5weVa
ロッテ・安田「もともと実力はなかった」 井口監督が2軍行き通告

井口監督は「17日から2軍戦(イースタン・リーグ)も始まるし、けが人で選手が足りないこともあるが、
これから1軍は出場機会も少なくなるので」と理由を説明した。

安田は春季キャンプも1軍スタートし、紅白戦などで4番を務めるなど期待も高かった。
しかし実戦ではなかなか安打も出ず、苦しんでいた。安田は練習後に「もともと実力はなかった。
いい経験もさせてもらったし、1軍に上がるためにはこれから結果が出るよう、
すべてにレベルアップしていきたい」と話した。

井口監督は「体力的にも技術的にも鍛え直してほしい。急いで上げるつもりはない。次に上がってくるときには、
チームを代表する選手として、1年間やれる体をつくってきてほしい」と期待を込めた。

そのほか藤岡貴裕、佐々木千隼、エドガー・オルモス、ドラフト5位・渡辺啓太、同6位・永野将司の各投手も
2軍が決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000525-sanspo-base

続きを読む

3bc32349-s
1: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:30:18.72 ID:nZCkDbha0
ロッテ・ドラ1安田、開幕2軍スタート 井口監督「将来はクリーンナップを」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00112664-fullcount-base

安田の他にも、藤岡、オルモス、渡邉、永野、大木、佐々木が、17日からの2軍調整を伝えた。

4: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 14:31:02.63 ID:DWgODKbOp
当たり前やろ

続きを読む

53
1: 風吹けば名無し 2018/03/03(土) 07:22:56.41 ID:Q46mlWDnH0303
 清宮がスタメンなら、安田も起用するロッテ・井口監督の意向を伝え聞いた日本ハム・栗山監督は、注目の大砲対決の実現を後押しした。

 「(日本の)超トップを意識して切磋琢磨(せっさたくま)していってくれたらうれしい。2人で“野球界を変えてやる”というくらいの志を持ってほしい」と2人の相乗効果に期待し、清宮のスタメン起用を示唆した。

 清宮も侍ジャパン高校代表のチームメートで、同じ左の強打者の安田との初対戦に「楽しみ。彼もたくさん試合に出て経験を積んでいるし、どういう結果であれ、刺激になる」と笑顔を浮かべた。

 また、ロッテは通算123勝を誇る右腕・涌井が先発する。初めてプロの一線級投手との対戦となる清宮は「日本を代表するいい投手。(対戦する中で)いろんなものを吸収できれば」と対戦を待ちわび、各投手ごとの特徴を書き留める「清宮ノート」作製にも意欲。
「何度も同じ投手とやることになる。やろうかなと思っている」と長いシーズンも見据えていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000059-spnannex-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/16(金) 06:34:24.07 ID:coxhr/WW0
 ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社高=が17日の台湾ラミゴとの練習試合(石垣)で「4番・三塁」で先発することが15日、分かった。

 シーズン最初の対外試合で球団の高卒新人が4番を務めるのは異例で、球団関係者も「記憶にない」という。
同じく高卒だった西岡や今江も経験していない“快挙”だが本人は至って冷静だ。「4番を打ちたい? そんな気持ちはないですけど」と謙遜しつつ「試合に出られたらしっかりアピールしていきたい」と全力プレーを約束した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000281-sph-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:17:53.26 ID:NDGRhe/G6
ロッテD1・安田が複数安打 初紅白戦で新人3選手がヒットそろい踏み
http://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20180210/mar18021013380006-s.html

ロッテは10日、沖縄・石垣島キャンプで初の紅白戦を行った。新人野手3人もスタメンに入り、紅組の「4番・三塁」に座ったドラフト1位・安田尚憲内野手(履正社高)は四回の第2打席に成田から右前打を放つと、
後続の安打でチームの今季初得点のホームを踏んだ。さらに九回にも安江から右前打を放ち、実戦デビューでマルチ安打を記録した。

同じくドラフト2位・藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)は紅組の「1番・遊撃」で出場。一回の1打席目から右前打。三回の2打席目にも右前打を放つと、
八回一死二塁では右翼線への二塁打で初打点を挙げた。白組の「3番・右翼」でスタメンのドラフト4位・菅野剛士外野手(日立製作所)は四回の第2打席に右前打で存在感をみせた。

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング