安田尚憲

53
1: 風吹けば名無し 2018/03/03(土) 07:22:56.41 ID:Q46mlWDnH0303
 清宮がスタメンなら、安田も起用するロッテ・井口監督の意向を伝え聞いた日本ハム・栗山監督は、注目の大砲対決の実現を後押しした。

 「(日本の)超トップを意識して切磋琢磨(せっさたくま)していってくれたらうれしい。2人で“野球界を変えてやる”というくらいの志を持ってほしい」と2人の相乗効果に期待し、清宮のスタメン起用を示唆した。

 清宮も侍ジャパン高校代表のチームメートで、同じ左の強打者の安田との初対戦に「楽しみ。彼もたくさん試合に出て経験を積んでいるし、どういう結果であれ、刺激になる」と笑顔を浮かべた。

 また、ロッテは通算123勝を誇る右腕・涌井が先発する。初めてプロの一線級投手との対戦となる清宮は「日本を代表するいい投手。(対戦する中で)いろんなものを吸収できれば」と対戦を待ちわび、各投手ごとの特徴を書き留める「清宮ノート」作製にも意欲。
「何度も同じ投手とやることになる。やろうかなと思っている」と長いシーズンも見据えていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000059-spnannex-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/16(金) 06:34:24.07 ID:coxhr/WW0
 ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社高=が17日の台湾ラミゴとの練習試合(石垣)で「4番・三塁」で先発することが15日、分かった。

 シーズン最初の対外試合で球団の高卒新人が4番を務めるのは異例で、球団関係者も「記憶にない」という。
同じく高卒だった西岡や今江も経験していない“快挙”だが本人は至って冷静だ。「4番を打ちたい? そんな気持ちはないですけど」と謙遜しつつ「試合に出られたらしっかりアピールしていきたい」と全力プレーを約束した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000281-sph-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 14:17:53.26 ID:NDGRhe/G6
ロッテD1・安田が複数安打 初紅白戦で新人3選手がヒットそろい踏み
http://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20180210/mar18021013380006-s.html

ロッテは10日、沖縄・石垣島キャンプで初の紅白戦を行った。新人野手3人もスタメンに入り、紅組の「4番・三塁」に座ったドラフト1位・安田尚憲内野手(履正社高)は四回の第2打席に成田から右前打を放つと、
後続の安打でチームの今季初得点のホームを踏んだ。さらに九回にも安江から右前打を放ち、実戦デビューでマルチ安打を記録した。

同じくドラフト2位・藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)は紅組の「1番・遊撃」で出場。一回の1打席目から右前打。三回の2打席目にも右前打を放つと、
八回一死二塁では右翼線への二塁打で初打点を挙げた。白組の「3番・右翼」でスタメンのドラフト4位・菅野剛士外野手(日立製作所)は四回の第2打席に右前打で存在感をみせた。

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/09(金) 06:50:15.59 ID:YDwQ0MG/0
ロッテのドラフト1位・安田(履正社)が、今季初の実戦となる10日の紅白戦に紅組の「4番・三塁」でデビューすることが決まった。
井口監督が明かし「打順は即決でした。マジかと思うか、ヨッシャと思うかは本人次第」と話した。
 伝え聞いた18歳は「本当っすか?」と4度も繰り返し「驚きました」とあ然。
ただ驚きは一瞬で「4番を打たせてもらえるのは期待されているということ。結果を欲しがらず、自分のスイングをしたい」とプラスに捉えた。
 2日から始まったシート打撃では快音が聞かれなかった。それでも前日に石川から9打席目で「プロ初安打」を放つと、2打数2安打。
プロのスピードへの対応を見せ始めた高校通算65本塁打を誇る大砲候補に、指揮官は「基本的には全部出しますよ」と11、12日の紅白戦でも4番でフル出場させる方針だ。
 この日のフリー打撃では4本の柵越え。視察した侍ジャパン・稲葉監督は「速いストレートに力負けしないスイング」と絶賛し、20年東京五輪に向け「人間的にも素晴らしいと聞いた。それも含めて注目したい」と話した。 (福浦 健太郎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000006-spnannex-base

続きを読む

30
1: 風吹けば名無し 2018/02/06(火) 10:38:35.93 ID:qrhRGzot0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000018-spnannex-base

 ロッテのドラフト1位・安田(履正社)は「ボンズ型」だった
。第1クールに講師で招かれていたスポーツ整体師の広戸聡一氏(56)の助言を受けた結果、同氏の提唱する「4スタンス理論」ではメジャー通算762本塁打を誇ったバリー・ボンズ氏と同型の「A2」だと判別された。

 「最近はボンズの動画を見ています。あんな感じになりたい」

 松井秀喜氏を目標としてきた安田だが、偶然にも昨年末からはボンズ氏のフォームに心酔。
ソフトバンクの王貞治会長、柳田も「A2」で前足を軸に豪快に振るタイプだと分かり「今しか試せないことはたくさんある」と背番号5はさらに改良を加えるつもりだ。

 「10分程度で言ったことを理解できた。非常にクレバーな選手だった」と広戸氏。第1クールのシート打撃は5打数無安打と快音は聞こえないが、進むべき道は間違いではないことは証明された。 (福浦 健太郎)

 ▼4スタンス理論 人間のスタンス(立ち方)は自然に重心位置が異なり「爪先側(A)」「かかと側(B)」「内側(1)」「外側(2)」により、A1、A2、B1、B2の4タイプに分類する理論。
それぞれ合う体の動かし方で最大限の力が出せるとされる。イチローは前足軸のA1、松井秀喜氏は後ろ足軸のB2、B1にはロッテ・井口監督、巨人・坂本勇がいる。

続きを読む

35
1: 風吹けば名無し 2018/02/02(金) 12:35:35.28 ID:qdAaB8Xe00202

2: 風吹けば名無し 2018/02/02(金) 12:35:58.36 ID:qdAaB8Xe00202
ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社高=が2日、石垣島キャンプ2日目で初の屋外フリー打撃に」臨み、打撃投手とマシン相手に計83スイングでサク越え7本を放った。93年の巨人・松井秀喜(48スイングで4発)をしのぐゴジラ超えの衝撃デビューを飾った。

1日の打撃練習では「少し、力んで自分のスイングができていなかった。明日から実戦入ってくる。そこで自分らしいスイングができたら。どんどんアピールして1軍に残れるようにしたい」と語っていたが、強烈な印象を残した。

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング