大村巌

1: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 11:22:10.79 ID:Kp1jCFVF0
 ロッテのドラフト1位安田が金言を授かった。12日のDeNA戦前、筒香と初対面。
日本を代表する強打者のティー打撃、フリー打撃を間近で見学し「結果が出ないといろいろ言われるけど、信念をぶらすなと。心強いことを言っていただきました」と感激した。

 大村2軍打撃コーチの粋な計らいだった。この日は1軍戦の前にイースタン・リーグ西武戦が行われた“親子ゲーム”。
DeNAコーチ時代に筒香を開花させた育ての親は「今日は勉強しよう」と、ともにフルスイングが持ち味の安田と育成1位の和田を誘った。
「試合はテレビで見られるが練習はなかなか。動画じゃなくて生のイメージを持ってほしい」と解説付きで練習を見させた。

 筒香からは逆方向を意識する重要性も教わった。「逆方向にはバッティングの全部が詰まっている。
極端に言えば引っ張りの練習はしなくてもいいと言われました」。高校65本塁打をマークしプロの目標を「本塁打王」に定める19歳
。「普段やっている練習と方向性は変わらない。超一流の方でも同じように意識してるんだ」。同じ高卒入団の左打者。既にタイトルを獲得した筒香の助言を胸に、1軍デビューへ鍛錬を積む。【鎌田良美】

2: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 11:22:34.04 ID:Kp1jCFVF0
ロッテ安田感激、筒香から金言「信念ぶらすな」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000055.html

サンキュー大村

続きを読む

hikhjkk
1: 風吹けば名無し 2018/01/09(火) 19:01:44.07 ID:BgGTZfVd0
 高校通算69発の肩書きに、周囲が大きな期待を寄せるのも無理はない。だが、まだ選手としても人間としても成長過程にある20歳そこそこの若者だ。
1軍では思うような結果が出ず、次第に大きくなる批判と失望の声に、心は少しずつささくれ立っていた。

 3年目を迎えた2012年は、1軍で主に三塁手として出場し、初めて規定打席に達したが打率は.218。このまま期待外れの高校スターとして消えていくのか、踏みとどまって花を咲かせるのか。そんな瀬戸際に立って迎えた2013年、筒香を変える1つの出会いがあった。
同年から2軍打撃コーチに就任した大村巌コーチ(現ロッテ2軍打撃コーチ)との出会いだ。筒香は今でも「大村さんとの出会いが僕を変えた。あの出会いは大きかったです」と迷いなく言い切る。

 出会うなり、手取り足取り打撃を指導したわけではない。大村コーチは当時の様子をこう振り返る。

「最初会った時は「よろしくね」くらいで全然話もしなかった。言葉は悪いようだけど、
不遇な犬のように怯えた目で『またお前も俺に何か言うんだろう』って見てきてたから、これは心理状態が大変だな、と。

 ファームに来てからですよ。他の選手が少しずつ変わっていくのを見て、警戒心が強いから僕に直接ではなく、
その選手に『何を教わったの?』って聞いていたらしい(笑)。そこから信頼関係を築いた感じかな」

3: 風吹けば名無し 2018/01/09(火) 19:02:47.72 ID:BgGTZfVd0

続きを読む

ono_20110706
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 11:31:16.53 ID:Vg+PZqK7+.net
これで心置きなく平沢くん2軍で育てられるな

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 11:32:06.00 ID:8+jq8gfca.net
小谷辞めるんか

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 11:34:11.48 ID:+KWLGoSo0.net
>>2
やめないらしいよ
3人体制

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング