ff3a6229-s
1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/22(月)19:13:01 ID:Gvd
【編集局から】プロ野球の中日・和田一浩外野手(43)が11日・ロッテ戦(QVCマリン)で、史上45人目の通算2000安打を達成。偉業をたたえる声とともに毎度のようにあがったのが、名球会の入会基準である200勝との難易度の不均衡への指摘です。

 これまでの達成者は24人。2000安打は今後も多くの予備軍が控える一方で、200勝候補は日米通算で残り12勝に迫った広島・黒田博樹投手(40)くらいです。

 私論ですが、問題は2000安打のハードルが低くなりすぎたことにあるのではないでしょうか。そもそも単打と本塁打を同格に扱う「安打」という基準には違和感があります。より強打者の証しとして説得力のある「塁打」(本塁打を4、三塁打を3…で集計)はどうでしょう。

 18日現在で通算4000塁打以上の打者は
(1)王貞治
〔2〕イチロー
(3)野村克也
(4)張本勲
〔5〕松井秀喜
(6)門田博光
(7)金本知憲
(8)衣笠祥雄
(9)長嶋茂雄
(10)山本浩二
(11)落合博満
(12)土井正博
(13)清原和博
(14)大杉勝男
(15)山内一弘
(順位白抜きは日米通算)。

 次点では楽天・松井稼頭央外野手(39)が日米通算3952塁打。“リアル名球会”の顔ぶれ、いかがでしょうか。 (運動部・笹森倫)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00000015-ykf-spo

続きを読む