ファースト

w25
1: 名無しさん@おーぷん 19/05/29(水)14:34:22 ID:fQa
でもプロやったらファースト専の方がレフト専よりマシな気がしてるんやが気のせいかな?

3: 名無しさん@おーぷん 19/05/29(水)14:35:53 ID:jZu
わかる
ファースト守れるやつの方がまだ野球が上手いって感じする

続きを読む

キャプチャ
1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/12(金)09:48:18 ID:mIv
なんで1番守備機会多いポジションを守備難に任せてしまうんや?

2: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/12(金)09:50:24 ID:YAU
投げられた玉取るだけだからやろ
しかも1塁なら23塁より厳しい球飛んできにくい

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/03/07(木) 08:12:00.06 ID:v2fj9njL0
2月27日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎のアナウンスだ。

「7番、サードの鈴木がファーストに入り-」

耳を疑った。スコアボードは「7番 3鈴木」と表示された。間違いない。
ロッテ鈴木大地内野手(29)が一塁に入った。野球人生で初めてのことだった。

昨季まで3年連続全試合出場。16年は遊撃、17年は二塁。18年は三塁を守った。
毎年コンバートされてきたが「今年サードじゃないとは思ってなかった」。
今季は定位置をレアードや安田と争う。石垣島には三塁用グラブだけ持参した。

キャンプ本隊が那覇へ移動する際、鳥越ヘッドコーチに声を掛けられた。「一塁と二塁も練習しておいてくれ」。
悟った。その日のうちにミズノに電話を入れ、遊撃と二塁のグラブを発注した。石垣島に残り、特守用のボロボロのグラブを相棒に鍛錬を積んだ。

4: 風吹けば名無し 2019/03/07(木) 08:12:59.87 ID:v2fj9njL0

続きを読む

スクリーンショット 2019-01-11 22.53.36
1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/06(日)01:28:24 ID:6wH
絶対投げたやつが悪いよな

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/06(日)01:28:45 ID:8l7
場合による

4: 名無しさん@おーぷん 2019/01/06(日)01:29:42 ID:6wH
>>2
場合もクソもショートバウンド投げた瞬間もうダメじゃね?

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング