ソフトバンク

48
1: 風吹けば名無し 2017/12/27(水) 16:43:31.10 ID:2Z+QtnKap
ソフトバンクは27日、ロッテを戦力外となった猪本健太郎を2018年度からブルペン捕手(二軍)に就任すると発表した。

 猪本は08年育成ドラフト4位でソフトバンクに入団すると、プロ5年目の13年オフに支配下登録選手となった。翌14年にプロ初出場を果たしプロ初安打を記録するも、14年が1試合、15年が2試合、16年が5試合と、一軍に定着することができず16年オフに戦力外通告となった。

 テストを経てロッテに入団した今季は、一軍で3年ぶりの安打を放てば、8月29日のオリックス戦でプロ初打点を記録。しかし、10月3日に戦力外通告を受けていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00141303-baseballk-base

“ロッテ戦力外の猪本、ソフトBのブルペン捕手に!”の記事の続きをアタリマエのように読む

52
1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水)08:23:47 ID:dCB
井口新監督が就任したロッテが、今季限りで福岡ソフトバンクを戦力外となった大隣憲司投手(33)の獲得に乗り出すことが26日、分かった。
来年2月の沖縄・石垣島キャンプにテスト生として招き、最終的な合否を判断する方針。
最下位に沈んだ今季はチーム防御率もリーグワースト。特に左投手が不足しており、11月の12球団合同トライアウトでも好投した通算52勝左腕の状態を見極める。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00010000-nishispo-base

“ソフトB戦力外の大隣 井口ロッテが獲得へ 春季キャンプでテスト”の記事の続きをアタリマエのように読む

Softbank_hawks_logo
1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/14(木)18:52:56 ID:9wa
毎年日本一になれるほど強い
ギャラは高い
選手として株を上げれば大人気になれる
GMはあの世界の王さん

最高やんけ

3: 名無しさん@おーぷん 2017/12/14(木)18:53:57 ID:4zb
選手層厚すぎて1軍上がれないやろうなあ

“ソフトバンクに入るメリットが多すぎて断る理由がないレベル”の記事の続きをアタリマエのように読む

bzdbg
1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月)21:23:28 ID:9o4
打率.050(40-2) 出塁率.073 OPS.148 三振23

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月)21:24:21 ID:9o4
ちなみに2安打はどちらも鈴木大地さん

“サファテの2017対ロッテ成績www”の記事の続きをアタリマエのように読む

18
1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月)07:50:51 ID:U4I
ソフトバンク、コーチ陣に謀反され過ぎやろ

2: 名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月)07:51:37 ID:Wb2
そら雇われやし

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月)07:53:43 ID:U4I
>>2
佐藤はともかく、鳥越と清水なんて引退から手塩にかけて育てたコーチなのにアッサリ退団されとるやん

“井口「来て」鳥越・清水「もちろん」 星野「戻ってこい」佐藤「はい」”の記事の続きをアタリマエのように読む

82523008
1: 風吹けば名無し 2017/11/04(土) 03:38:54.54 ID:PMo0wxmy0
 日本シリーズ第5戦が2日、横浜スタジアムで行われ、DeNAが5-4でソフトバンクに逆転勝ち。3連敗からの2連勝で、決着は福岡の第6戦以降に持ち越された。

 どうにも普段通りの野球ができなかった。5回に中村晃の2ランなどで4-2としたまでは良かったが、6回の攻撃で二死走者なしから先発の
バンデンハークをそのまま打席に立たせ続投させたのが裏目に出た。

 工藤監督は「(6回先頭の)桑原くんに合っていなかったというのがあった」と判断したが、その桑原に左前打され、一死後にロペスを四球で歩かせてから
2番手に左腕モイネロを投入するも、筒香に中越えの適時二塁打を浴び、一死二、三塁から宮崎に中前に運ばれて同点。さらに代打嶺井の二ゴロを明石が適時失策して決勝点を許した。

 バンデンハークは4回に筒香の2ランを浴びたものの、5回まで毎回の8奪三振と序盤から飛ばしていた。「あまりにもバンデンハークが良かった」(工藤監督)ことで
継投のタイミングが遅れたうえ、守備の乱れも誤算だった。

 明石は今季103試合の出場でわずか2失策。チームとしても1991年の西武に並ぶプロ野球最少記録の38失策と鉄壁に守備を誇った。
チーム防御率3.22も12球団トップだったが、第4戦と合わせて2試合で計11失点と投手陣も精彩を欠いた。その要因の一つとして考えられているのが横浜スタジアム特有のアウェー感だ。

 中堅守の柳田は「すごいっす。エグいっすよ。球場の雰囲気が独特で千葉ロッテ(ZOZOマリン)みたいな威圧感がありますね」と証言する。
達川ヘッドコーチも「ファンの声援で5~10%は力の出方が違う」と言い、2連敗という結果を受けて「広島だって、ここでは勝てていないんじゃけえ。1つ勝ててよかった」とした。
確かに圧倒的な強さでセ・リーグを制した広島も横浜では13試合で5勝8敗と苦戦し、8月末には3試合連続でサヨナラ負けを喫した。セ・パの王者でも真っ青に染まったスタンドは脅威になるというわけだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/817051/

“SB・柳田「(ハマスタ)エグいっすよ。すごいっす。千葉ロッテの応援みたいな威圧感がある」”の記事の続きをアタリマエのように読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング