クルーズ

jojoj
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 09:37:33.94 ID:JYWq5k4M0
「由伸監督が立岡の打撃や俊足を買っているのは知ってますけど、二塁で使うって本気ですかね?」

 巨人キャンプを視察している他球団のスコアラーがこう言った。巨人の正二塁手に名乗りを上げている立岡宗一郎(26)のことだ。

 昨季まで外野を守り、一時は中堅のレギュラーを手中に収めた。にもかかわらず、昨秋から首脳陣の指令で二塁に挑戦。宮崎キャンプに入ってからは外野の守備にはほとんどつかず、重点的に二塁に入っている。

 前日の韓国代表との練習試合では「1番・二塁」で先発出場。三塁打を放つなどアピールを続けているが、「内野から外野はともかく、外野から内野への転向はそんなに簡単じゃない。
いくらソフトバンク時代に経験があるとはいえ、実際に見ても守備はかなり厳しいレベル。名手のクルーズと比べたら、それこそ天と地ほどの差がある。そのクルーズは状態が良さそうなのに、昨年のことがあるから、よっぽど使いたくないんでしょうかね」と冒頭のスコアラーは首をひねるのだ。

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 09:38:01.50 ID:JYWq5k4M0

続きを読む

jojoj
1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水)07:20:58 ID:ZW5
3日に出場選手登録を“懲罰抹消”された巨人のルイス・クルーズ内野手(32)に、古巣のロッテがさまざまな反応を見せた。

クルーズが来日した2014年から巨人移籍までの2年間をともに過ごした伊東勤監督(54)は「ロッテにいた時? 問題はなかったよ」と驚いた表情だ。

「気分に波がある選手。たまに全力疾走をしなかったりとかはあった。でも、その都度“気をつけろよ”と言えば本人は“わかった”と言っていたし、問題が続くこともなかった」と明かした。

ただ、時には首脳陣との間に微妙な温度差があったのも事実。関係者の話を総合すると、シーズン中にワンサイドゲームになった際にクルーズが「まだ(試合に)出ないといけないのか」とコーチに聞いたことがあったという。

その時はコーチの一人が「それを決めるのはこっち(首脳陣)だから」と答えたが、不服そうなクルーズを試合途中で外すこともあったそうで、試合後に話し合いを持ち「コーチとクルーズでケンカみたいな状態になったこともある」(ロッテ関係者)という。

それでもロッテでは大きな問題には発展しなかっただけに、チーム関係者は「どこが問題なのか、何度も言わないといけない選手ではあった。

でも、きちんと話せばすぐに従っていた。今回のことはびっくりしている」。旧知のロッテ関係者は誰もが衝撃を受けた様子だった。

2: 名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水)07:21:09 ID:ZW5

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング