img_1
1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/23(金)12:34:18 ID:ptOCyidS7
 阪神の木戸克彦(53)、嶌村聡(46)両GM補佐らが21日(日本時間22日)、米独立リーグ・ランカスターの渡辺俊介投手(37)の獲得調査でペンシルベニア州を訪れ、先発登板試合を視察した。

 阪神は先発不足解消へ、米国でプレーする日本人投手を調査。だが、渡辺は渡米当初から「メジャーの可能性がある限りはアメリカでプレーを続けたい」と話し、今季中の日本復帰の可能性は低い。阪神は今後も調査を続ける方針としている。
http://www.daily.co.jp/tigers/2014/05/23/0006983960.shtml

続きを読む

このページのトップヘ

ブログパーツ アクセスランキング